アラカン少年の定年隠居術!

2022年還暦時に「定年リタイア宣言」済み。アラカンなれど少年マインドで、定年前後の豊かな人生を楽しむ方法を探求中。自称「定年後の居場所アドバイザー」

☆ノーベル賞を目指す子供達へ送るメッセージ☆の巻

こんにちは アラカン少年です。

 

京都大学の本庶佑(たすく)先生がノーベル医学生理学賞を受賞された事は記憶に新しいと思います。

今日は、有楽町朝日ホールで行われた本庶先生の講演会に行ってきました。

ノーベル受賞者ご本人のお話を聞けることで胸が高鳴ります。

 

f:id:arakanshonen:20190309195743j:plain

 

テーマは「本庶佑さんと考える''独創性''とは」です。

親しみをもって「先生」ではなく 「さん」と呼ばせてもらいます、

と司会の方がおっしゃっていました。

 

みなさんご存知だと思いますが、この免疫の研究は、がん治療に大きな革命をもたらしました。

私の知る限り、5-6年位前までは「免疫の研究などとんでもない」という風潮があったように思います。

事実そのころは、民間の怪しい免疫治療や療法が幅をきかせて(今でもそうかもしれませんが)いました。

また、医学従事者の多くは、手術、抗がん剤治療、放射線治療という3つの標準治療以外の免疫治療を否定していました。

日本では大手製薬メーカーも否定的で研究費はなかなか捻出できなかったことと思います。

 

しかし、そういったなか本庶先生のチームは、免疫を抑制するタンパク質「PD-1」を発見し、画期的ながん免疫治療薬「オプジーボ」の開発につなげ、がん治療に新たな道を開いたのです。

 

おめでとうございます!!

心より拍手です!

 

ちなみに、受賞後はオプチーボがあまりにも有名になりすぎて、「万能の薬」のように間違った噂が飛び交いました。

現在、国内外で皮膚がんに続き、胃がんや肺がんなど多くのがんを直す可能性があることは間違いありません。

でも使える人はまだまだ限られているのでご注意を。

例えば肺がんでは、実際使える人は20%くらいだったと思います。

 

本庶先生によると、現在もPD-1と免疫治療薬との組み合わせで1000以上の治験が行われているようです。

治験が進み3~4年で明らかになると、今後のがん治療は飛躍的に進歩します。

 

これはすごいことです。

がんで苦しむ人が少なくなることを、こころから願うアラカンです。

 


第二部では、「独創性を生み出すには」と題し、若手のドクターや内閣総合科学技術の人がパネラーとして加わり、基礎研究とイノベーションについてパネルディスカッションをしました 。

 

イノベーションと言うと少々使い古された言葉のように思います、

特にものづくりを誇っていた日本は、今や様々な業種で欧米に置いていかれているのですがら禁句のようにさえ思います。

この医療の基礎研究においては、今や中国がアメリカを制し、イノベーションを伴う研究が進んでないのは先進国で日本ぐらいのようです。

 

基礎研究が進んでいない理由は・・・

 

もちろん国からの補助が不十分であることが大きいのですが、もう一つは80年から90年にかけて大手企業が基礎研究から手を引いた経緯があります。

すぐに成果の出ない事業に辛抱して投資し続けることができない、よって研究所を閉鎖する、営利企業ならではの悩みがあるでしょう 。

 

とにかく、国や企業だけに頼っていては前に進まないわけです。

 

その場合アメリカなどは、その財源の多くを個人寄付者から得ています。

本庶先生もノーベル賞をとった後、本庶佑有志基金(京都大学基金)を作り、もうすでに数億の寄付が集まっているそうです。

www.kikin.kyoto-u.ac.jp

 

とかく「日本は寄付文化がない」と言われますが、震災の時の支援を見ても文化がないわけではない。

いわば 寄付の仕組みがないだけ です。

 

今後研究者に対する寄付は、もはや国の事業を支える、そういった重要性を持ってきていると思います。

f:id:arakanshonen:20190309202507j:plain



今日の会場は、約 600人のうち約100人の高校生が招待されていました。

未来を背負って立つ、子供ながらにとても熱心な眼差しで講演とディスカッションに聞き入っていました。

うれしいことです!

 

最後に、本庄先生から子供たちに対するメッセージです。

一回しかない人生です。

後悔をしないこと。

好きなことをすること。

先生の言うことを聞いてるだけでは先生より偉くなれないよ。

たまには先生に難しい質問をして議論をするくらいでないと。

 

自分で考える。

その文化を育てることが大切です。

 

また高校生ながら基礎研究者を目指す人がいました。

その高校生に対するアドバイスは、良い先生を選ぶことでした。

 

本庶先生はプレゼンテーションの中で、ご自分のラボの若手研究者を次々に紹介していました。

このノーベル賞は決して自分が1人がとったものではない。

先生が指導するラボの研究者と一緒に議論を重ね、そしてひとつずつ成果を積み重ね、それがノーベル賞につながった、

 

言葉にはありませんでしたが、そう言いたかったんだと思います。

若手にタスキをつないでいきたい、

また日本の全研究者にエールを送りたい、

そんな強い思いを感じたメッセージでした。

 

 

ではまた!

 いつも読んでいただきありがとうございます。

 *******************************************************

2022年還暦時に「定年リタイア宣言済み」現メーカー勤め人。

アラカンなれど少年マインドで、豊かな人生を楽しむ方法を探求中。
自称「定年後の居場所アドバイザー」

アラカン少年こと嵐山還三郎
妻と娘の3人暮らし@神奈川
仏像フィギュアコレクター
www.instagram.com/arakanshonen/

日本ブログ村に登録しました。どちらのバナーでもポチっと応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

☆夫婦円満2時間の隠し技、ってそんなたいしたものではないのですが☆の巻

こんにちは アラカン少年です。

突然ですが・・・私の妻は私の言った事を案外覚えています。

私は記憶していないことが多い(もしくは聞く気がない)のに比べて大したものです。

 

何週間か前に、私が家でこう呟きました。

「せっかく花のお江戸近辺に住んでいて、見所もたくさんあるんだから出かけないともったいないよね」

それは(まだ元気なうちに)と人生の悲哀を感じながらの呟きで、私は言ったことさえ忘れていたのですが・・・。

 

この間の休み前に、妻からこんな提案がありました。

「二子玉川からちょっと歩いたところに五島美術館があるんだけど、そこまで散歩に行ってみようよ」

私は美術鑑賞に興味がないわけではありませんが、これは!という目玉や好きなテーマがないといまいち気が進みません。

 

ただ天気も良く、ただならぬ殺意を感じて(笑)、それで出かけることにしました。

 

うちの妻は大のイベント好きです。

特に飲食が絡んだフェスタやマルシェには目がありません。

それに加えて、昨年は「ぐるっとパス」と言う美術館と博物館の入場券や割引券がセットになったクーポンを手に入れてからは鑑賞も大好きです。

 

(ちなみにこれはめちゃお得です)

www.rekibun.or.jp

専業主婦にとって非日常体験は貴重なのでしょう。

 

ともかく、散歩と美術館鑑賞に誘ってくれたくれたことに感謝します。

それは思った以上に一緒に歩くことが楽しく、裏路地の用水路やら、初めて見た駄菓子屋が興味深かったからです。

ブラタモリかモヤモヤさまぁ~ず気分でした。

 

期待しなかった五島美術館(ごめんなさい)では、愛染明王座像に会うことができました。

台座上の姿は堂々たる風格でしたが、写真厳禁でお見せできず残念。

www.gotoh-museum.or.jp

各種刀剣を覗き込んでる歴女っぽい人もいました。

展示物に加え入館者を鑑賞するのも楽しいですよ。

 

まだヒンヤリとした庭園では梅が満開。

木漏れ日が観音様やお地蔵さんを導いているように思えました。

夫婦の会話もとても平和的です。

穏やかな時の流れを感じました。

 

 

週に1日が難しければ2時間くらいで良いと思うのです。

たったの2時間であれ、夫婦間の時間の共有があった方が良いと思いました。

それは家ではなくアウトドアがベターです。

 

一緒に映画も良いのですが、これからは花見のチャンスが大いにあります。

夜桜を見ながら川沿いを2人で歩いてはいかがでしょう。

締めにレストランのディナーは必要ありません。

立ち飲みの熱燗が、2人を十分幸せにしてくれると思います。

 

ちょっとイイ感じで締めてみました(笑)

 

ではまた!

 いつも読んでいただきありがとうございます。

 *******************************************************

2022年還暦時に「定年リタイア宣言済み」現メーカー勤め人。

アラカンなれど少年マインドで、豊かな人生を楽しむ方法を探求中。
自称「定年後の居場所アドバイザー」

アラカン少年こと嵐山還三郎
妻と娘の3人暮らし@神奈川
仏像フィギュアコレクター
www.instagram.com/arakanshonen/

日本ブログ村に登録しました。どちらのバナーでもポチっと応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

☆アカデミー賞「グリーンブック」を観て、心温まり、笑い、想いました☆の巻

こんにちは アラカン少年です。

 

先日アカデミー賞が発表されました。

何かと話題をさらい日本でも大ヒットしている

「ボヘミアン・ラプソディ」が注目されましたが、

今日は作品賞を受賞した「グリーンブック」の話です。

gaga.ne.jp

 

この映画はTV予告で気になっていて、

昨夜、妻に誘われ仕事帰りにレイトショーに行ってきました。

9時からだというのにほぼ満席。

グリーンブック鑑賞後の率直な感想は、

「おススメ!!ハナマル」という感じです。

心温まるヒューマン系であり、笑えるコメディ系でした。

 

あらずじを簡単に言うと・・・

人種差別が色濃く残る1962年を舞台に、天才黒人ピアニストと、彼の白人運転手兼用心棒の旅を描いたものです。

テーマは「差別と友情」といったところでしょうか。

黒人ドン・シャーリーは、教養があり人格を備えた天才ピアニストです。

しかし演奏したい音楽を肌色が理由で演奏できない悩みがあります。

敢えて差別の多い南部の音楽公演ツアーを企てました。

トニー・バレロンガは、イタリア系の移民でブロンクス出身です。

他者を受け入れない文化で育ちました。

差別主義者ですが、お金のためにドン・シャーリーの音楽公演のためのドライバー兼用心棒になります。

 

1962年、黒人が南部を旅するのは危険を伴うので、その時に携帯したのが映画タイトルにもなっている「グリーンブック」

「グリーンブック」とは、黒人旅行者が安全に旅行をするため、優良な宿泊施設、ガソリンスタンド、自動車整備工場、給油施設をリストアップしたガイドブックです。

偏見をもつトニーは、2カ月の車の旅を通じ次第に変わっていきます。

酒場では命がけで黒人ドンを守りました。

最初は目もくれなかった「グリーンブック」をしみじみと読むシーンに私はグッときました。

 

同時にインテリのドンも変わっていきます。

トニーと一緒に手づかみでケンタッキーフライドチキンを頬張り、また自分の弱みをみせることで友情が芽生えていきます。

 

さて、ツアー最終日に起こる以外な出来事とは!?

ということで、これから見る人のためにこのあたりにしておきますw

f:id:arakanshonen:20190302085604j:plain

 

アメリカにおける差別はなくなりません。

私が思い出す自分の経験は、1997年のレストラン@シカゴのことです。

少し有名なレストランで、席が空いているのもかかわらず私と妻は隅の方の席へ通されました。

幼子もいたので仕方ないか、と思っていましたが、後からやってきた白人ファミリーには子供もいました。

言うまでもなく有色人種への差別、特に黒人差別は今もアメリカ社会に根深く残っています。

ジム.クロウ法という南部の多くの地域で人種分離を合法化するため1880年代に制定された法律があります。

この法の主要目的は、黒人の政治参加を阻止すること、即ち、投票権を与えないことでした。

ジム・クロウ時代に、どんなに憎しみが広がり、暴力が横行していたかは、日本はおろかアメリカでも伝えられることは少ないようです。

オバマ大統領は黒人票を集めましたが、トランプは自身が差別問題に関し無理解な発言をしています。

いくらテクノロジーが進んでも差別の一掃はできません。

残念なことです。

f:id:arakanshonen:20190302090226j:plain

 

人種差別だけではなく、性的差別、それに今後私たちが直面するかもしれないのは、エイジズムと呼ばれる高齢者差別です。

高齢であることことで、病気がち、孤独といった否定的な先入観や固定観念で判断されることも出てきます。

だれかが、「刑務所が老人ホーム化している」と言っていました。

少子高齢化が進む日本においては、高齢者差別もまちがいなく対策が必要な分野ですね。

少々脱線しましたが、映画を鑑賞した後に他分野に想いが広がっていきました。

 

ちなみに、この映画は実話です。

今朝はアイフォンでドン・シェリーの素敵なピアノ演奏を聴きながらブログを書いています。

映画「グリーンブック」は おススメですよ!

ではまた!

 いつも読んでいただきありがとうございます。

 *******************************************************

2022年還暦時に「定年リタイア宣言済み」現メーカー勤め人。

アラカンなれど少年マインドで、豊かな人生を楽しむ方法を探求中。
自称「定年後の居場所アドバイザー」

アラカン少年こと嵐山還三郎
妻と娘の3人暮らし@神奈川
仏像フィギュアコレクター
www.instagram.com/arakanshonen/

日本ブログ村に登録しました。どちらのバナーでもポチっと応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

☆今年は狙い目! おススメ花見キャンプ☆の巻

こんにちは アラカン少年です。

今日は久しぶりに朝から雨。

しとしと雨です。

男らしく傘を差さずに自転車にまたがり駅に向かいます。

案の定雨脚は強くなるのですが、なぜか楽しい気持ちになります。

ひと雨ごとに春が近づいているからでしょうか。

 

駅前に桜並木があります。

枝につぼみが膨らんでいました。

 

f:id:arakanshonen:20190228172607j:plain

 

昨年の東京の開花は3月17日。

今年の桜は、平年より早く咲く所が多くなりそうです。

ただ、かなり早かった昨年よりは遅くなる見込み。

3月23日頃と予想されています。

Weather Map Co., Ltd. さん情報 ↓

f:id:arakanshonen:20190228171937j:plain

 

今年は、3月22日(金)に もし 休みをとることができれば、

なんと4連休になるんですね。

「桜を見ながらキャンプしたいな~」って、ふと思いました。

 

キャンプ、最強の組み合わせです。

じ~っと冬眠していたクマのような好奇心がムクムクと動き始めました。

 

地元の公園で花見を楽しむのも良いのですが、

宴会の後の片づけ時は、

やれゴミの分別がどうだとか現実に引き戻され、

とたんに興ざめします。

 

一方花見キャンプはというと、

昼間から気長に陽が落ちても充分楽しめます。

それは 次の焚火があるからです!!

 

焚火に照らされた夜桜を愛でながら、

ゆっくりとバーボンでも飲みましょう。

昼とは打って変わり、桜の傘に見守られながら

静かな時間を過ごしたいと思います。


さて、どこへ行こうかな?とそんなときは即ググります。

例えばこのサイト「お花見キャンプの魅力」では、

朝昼夜別の魅力を紹介されています。

まめに更新もされているのでお勧めです。

最終更新日:2018/12/26

hinata.me

 

続いて、このサイトもいいですね!

キャンプサイトの桜が見事!

画像を見るだけで幸せな気分になりますね。
greenfield.style

特に関東にお住まいの方、

今年の3/21-24は花見キャンプがおススメですよ!

 

ではまた!

いつも読んでいただきありがとうございます。

 *******************************************************

2022年還暦時に「定年リタイア宣言済み」現メーカー勤め人。

アラカンなれど少年マインドで、豊かな人生を楽しむ方法を探求中。
自称「定年後の居場所アドバイザー」

アラカン少年こと嵐山還三郎
妻と娘の3人暮らし@神奈川
仏像フィギュアコレクター
www.instagram.com/arakanshonen/

日本ブログ村に登録しました。どちらのバナーでもポチっと応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

☆黄金の資産を継承したいと思う人達☆の巻

行って参りました。

大黄金展 @玉川高島屋、2/25最終日でした。

キャッチコピーがいいですね。

「資産継承 親から子へ子から孫へ」黄金のオリン等

・・・オリンてなんですかね!とクエスチョンマーク?。

仏前で手を合わせる前にチーンと鳴らし、澄み渡った音を出す仏具、

あっあれね。

勉強になります。

 

さて、5階特設催事会場入り口にそびえるのは、輝く黄金の打ち掛け。

最高級の京都西陣で本金糸を

一羽一羽一羽丹念に織り込んだ黄金の鶴が、

豪華絢爛に羽ばたく黄金の打掛『飛翔鶴』

54,000,000円 

 

まぶしい!!!!!

写真を撮る私を、警備員が横目で冷静に監視しています(;^_^ 

場内に入りました。

オリンをはじめ仏具の他にも、大好きな仏像 が光り輝いています。

残念ながら写真は撮れませんが、チラシをご覧ください。

 

数百万円から数千万円まで。

後光がまぶしゅうございます!

最安値のお守りペンダント、それでも129,600円です。

 

中には力道山やミッキーマウス、刀にサッカーボールまで金ぴかです。

私はスウェットにダウンを着た冷やかし感満載おやじ。

どう見ても場違いでしょ。

ですが売り子の社員さんが付きそい丁寧に解説してくれました。

「この大黄金展ははじめてですか?」

「はいはじめてなんですが、仏像に興味があって・・・」

「では、お客様の干支にちなんだこの観音様はいかがでしょうか?」

「お買い得の370万です」

「は、はい・・・(汗)」

 
周りを見渡すと、なんと女性シニアというか老婆がほとんど。

されど二子玉川高島屋。

金持ってる感がプンプン。

「孫にこのミッキーの置物なんかよさそうね」

「ではこれを孫全員に、10人分くださいね」

1本80万をまるでアイスキャンディーを買うが如くに注文する老婆を目の当たりにしました。

おそるべし 二子玉のばあさま!!

 

現在、金の相場はグラム5000円ほどのようです。

美術品になると価値は上乗せされ金自体の価格の倍以上になっています。

 

アテンドしてくれた社員さん曰く

単に資産継承を考えるのであれなインゴッド。

ようするに金の延べ棒が勝るようですね。

ただ、オリンや仏像や飾り食器などモノに想いを込めて贈り物を選ぶ方法もございます。

お客様は、想いを込めてこのデザインバーをお孫さんにいかがですか?

 

 

私、まだ孫はいませんので・・・。

 

そそくさと会場を後にしました。

 

あなたも老後の蓄えにミッキーはいかがですか!? 

 

ではまた!

 いつも読んでいただきありがとうございます。

 *******************************************************

2022年還暦時に「定年リタイア宣言済み」現メーカー勤め人。

アラカンなれど少年マインドで、豊かな人生を楽しむ方法を探求中。
自称「定年後の居場所アドバイザー」

アラカン少年こと嵐山還三郎
妻と娘の3人暮らし@神奈川
仏像フィギュアコレクター
www.instagram.com/arakanshonen/

日本ブログ村に登録しました。どちらのバナーでもポチっと応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ