アラカン少年の定年隠居術!

2022年還暦時に「定年リタイア宣言」済み。アラカンなれど少年マインドで、定年前後の豊かな人生を楽しむ方法を探求中。自称「定年後の居場所アドバイザー」

☆定年延長 日米比較とカジノディーラーへの道☆の巻

 

f:id:arakanshonen:20190109204038j:plain

 

ブログタイトルを変えました。

昨日までは「アラカン少年の超隠居術!」だったのですが、

どうもしっくりこなかったのです。

 

『超隠居術』ってついてる割には、専門性が低くお笑いに走り・・・

読者の皆様の肩透かしでは、と思い

謙虚に『超』をとり出直します。

さて 生まれ変わった「アラカン少年の定年隠居術!」

言うまでもなくアラカンはAround Kanreki (還暦)
(ここから 始めるか!)

いやいや、意外とアラカンWordは認知率が低いのです。

アラカンなれど少年マインドで、定年隠居問題に挑みます!

 


折しも、今日は 国家公務員の定年延長のニュースがありました。

60歳から65歳に延長するための関連法案の概要が判明したそうです。

 

そもそも数日前に、

「定年退職する国家公務員の割合が増えている」という記事がありました。

 

f:id:arakanshonen:20190109204429j:plain


充分な余力を示すものですが、

背景には、平成25年4月1日に改正し施行された

「高齢者雇用安定法」があるのは言うまでもありません。

 

今回の国家公務員の定年延長のニュースは・・・

  • 60歳以上の給与水準を60歳前の7割程度とする。
  • 60歳未満の公務員の賃金カーブも抑制する方針を盛り込む。
  • 希望すれば65歳まで働ける再任用制度は原則廃止する。
  • 総人件費を抑えながら人手不足を和らげる。


国は、民間企業の定年延長の促進や給与水準の底上げにつなげる 考えだそうです。

国が率先して行うこの施策。

給与生活者は社会保険に関して優遇されているので、

サラリーマン生活を送りたい人は問題なくウェルカムでしょう。

 

働きたいと思う高齢者が増えるなか、

高齢者も働きやすい職場環境が広がっていけばよいと思います。

さて、日本人がよく比較したがるアメリカの環境はどうでしょう。

アメリカでは、法律により、使用者は雇い入れや労働条件などに関して、

年齢を理由に差別することを禁止しています。

つまり、「**歳になったら会社を辞めてもらう内容の契約をする」

といったことができないのです。

実にダイバーシティを重んじるアメリカらしい法律です。

ちなみに定年制があるのは、公共交通機関の業務や警察官、消防士などに限られるそうです。


私は、心身ともに心置きなく社会でフル活動できるのは50代までだと思っています。

よって60を過ぎると、

後の残りの歳月はストレスなくゆっくりと過ごしたいと思っています。

自分の好きな事や趣味を楽しみながら過ごすことが理想です。

 

よって60オーバーで働くとすれば、

それは趣味のような仕事に就くことでしょうか。

 


今日、別のニュース(デイリースポーツ)を目にしました。

カジノディーラーに定年はなし

就職先として注目!日本カジノスクール当スクール大岩根校長は「これから入学される生徒さんは圧倒的に日本での活躍を目指している。将来性があるからです。若い方は4~5年後を見据えて動かれる。40代の方は今の職業から転職したいということで入学される。ディーラーには定年退職がないですから。日本の企業で定年退職した人はパートで週に1~2日でも仕事がしたいと入学される。70代の方もいらっしゃいます。手に職を付けたいと。年代によって目的は違います」と解説した。

 

カジノディーラーか!! 

うーん 悪くない!!!

 

f:id:arakanshonen:20190109205733j:plain

 

ではまた。。。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

↓ 応援ボタンをポチっと押していただけるとうれしいです。 

********************************************************

2022年還暦時に「定年リタイア宣言済み」現メーカー勤め人。

アラカンなれど少年マインドで、豊かな人生を楽しむ方法を探求中。
自称「定年後の居場所アドバイザー」

アラカン少年こと嵐山還三郎
妻と娘の3人暮らし@神奈川
仏像フィギュアコレクター
www.instagram.com/arakanshonen/

日本ブログ村に登録しました。どちらのバナーでもポチっと応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ