アラカン少年の定年隠居術!

2022年還暦時に「定年リタイア宣言」済み。アラカンなれど少年マインドで、定年前後の豊かな人生を楽しむ方法を探求中。自称「定年後の居場所アドバイザー」

☆還暦も過ぎて年取ったら可愛くなんなきゃ☆の巻

親にとって子供は何歳になっても子供なのです

 

私も2人の成人した子供を持つ身なのでそれはよくわかります。

私の母は地方の町に住んでいます。

なにかと気になる性格であり、昔から厳しく躾られました。

(その躾の成果はさておきですが・・・)

 

よって、私がいくつになっても心配らしく、

最近は私ではなく妻に細かなことを言ってきます。

 

でも母と離れて暮らしているうちの家族はまだいいのです。

母と近所に住む私の妹などは毎晩の電話に閉口しています。

 

前々から感じていたことがあります 。

 

人は歳をとると素直に可愛く振る舞うべきだと。

いつまでも親が小うるさいと子供は距離を置きたくなります。

わたしの場合は妻に近づけたくないとさえ思います。

 

さて、これがもしも気弱な電話をしてきたりとか、

実際に体が弱かったりするとどうでしょう?

さすがに放っておけません。

心配もするでしょう。

気丈に振舞っていたりするとなおさらです。

 

昨日みうらじゅんの話をブログでしました。

お時間があればこちらも↓

 

www.arakanshonen.com

 彼が別の番組で、私と全く同じことを言っていたのに驚きました。

 

「還暦も過ぎて年取ったら可愛くなんなきゃ。」

「赤ちゃんがなぜかわいいか?それはただ短い単語を羅列をするからです。」

「これからは年寄りもそうすればいい。今日は寒い、楽しい、悲しい。自由な意志をもっても敢えてそれは出さない、いわば赤ちゃん返りです。」

 

f:id:arakanshonen:20190218190828j:plain

いやー じゅん先生 その通りです!!! 

私がずーっと思ってきたことです。

赤ちゃん返りをすると、不自由さを感じているようにも聞こえて、思わず手を差し伸べようと思います。

まちがいなく I LOVE おかん!ってなりますよ!


みうらじゅん先生が定年隠居術を一緒に考えてくれてる、

そんなハッピーな気分になりました。

 

比較三原則って?

 

親の話題なのでもう一つじゅん先生の造語を紹介します。

ファンの方にとっては今更ながらですが、

それは「比較三原則」です。

3つとは”親と他人と過去の自分”です。

「親と、友達・知り合い、そして過去の自分の3つと比較しなかったら、物事すごく楽に進みます。」っていうじゅん先生の悟りです。

 

ウチのケースをあてはめるとまさにその通りなんです。

は自分の価値観と比較し、色々と気になって電話をしてきます。

他人というのは一般常識ですよね。

過去の自分は言うまでもない、良くも悪くも過ぎ去った事なので、それにとらわれてたら前に進めません。


ちょっと古いですがGoing my way!って事でしょうか。

定年隠居術は「自由気ままに無責任に生きていく」ってことをモットーにしていますよ~。

f:id:arakanshonen:20190218191444j:plain


って言いながらどうしても比較しちゃうんですよね。誰かと。

それが辛い人間の性ですかね。

 

ではまた!

 いつも読んでいただきありがとうございます。

 *******************************************************

2022年還暦時に「定年リタイア宣言済み」現メーカー勤め人。

アラカンなれど少年マインドで、豊かな人生を楽しむ方法を探求中。
自称「定年後の居場所アドバイザー」

アラカン少年こと嵐山還三郎
妻と娘の3人暮らし@神奈川
仏像フィギュアコレクター
www.instagram.com/arakanshonen/

日本ブログ村に登録しました。どちらのバナーでもポチっと応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ